英語の授業で・・えっ??ENG101 文章添削事件

英語の授業で・・えっ??ENG101 文章添削事件

高校では決められた科目を履修して行くスタイルで過ごしてきましたが、米国の大学では、一般必修科目と選択科目の中から、あなた自身が選んで組み合わせて時間割を作って行きます。

私の場合は、1学期で18-21時間の範囲で履修していきました。多くの科目は3時間単位でしたので、6-7科目を毎学期履修していくイメージです。

そんな中、初めての学期で、一般必修科目の英語のクラスENG101というクラスを履修したときのことです。

エッセイ(小論文)的なものを書く授業があったのですが、その文章を生徒同士で添削し合う…というものでした。私の文章が隣へ…、そして逆側の生徒の文章が私の所へ…。私のところに回ってきたのは、もちろんアメリカ人が書いた文章です。私は凄く嫌でした。なぜなら、もし私の日本語の文章を外国人に添削されてきた時を想像すると、なかなか簡単には納得しないだろうな…と思ったからです。

いざ、隣のアメリカ人の視線を感じつつ、文章を見ます…。予想通りでした。文法がめちゃくちゃだったのです…。でもしょうがありません。思った通り添削をします。
さて、この添削された文章は本人の元へ戻ります。それを見たアメリカ人が…ブツブツ…ブツブツ…言っています。しまいには、納得がいかない…というような事も言い出し、私はあまり相手にしないよう心がけました。

しょうがないですよね。本当におかしな文章だらけの英文だったので…。添削しないわけにはいかなかったのです。。

これも一つの貴重な経験となったのでした。

————————————————————————

未来の若者の為に寄付支援をしませんか? BLA教育基金へ
You want to make a contribution to future students? Visit BLA EDUCATION FUND

無料会員登録を行うと、新着記事がメールで届きます。
是非ご登録ください! 無料会員登録

寺子屋先生を随時募集しています。
経験談記事を書いて学生やご両親を支援しませんか? 詳細はこちら

留学生が寺子屋先生
このサイトは留学生が未来の留学生を支援するサイトです
URL: https://college-search.jp
Facebook: https://www.facebook.com/terakoyasensei/
Twitter: https://twitter.com/YhAv7g7IWvnzMq4

————————————————————————


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。