01. 英語・留学との出会い (by ape104)

初めての投稿です。ape104の名前で毎週水曜日に投稿していきます。よろしくお願いします。

さて、初めての投稿は、初めて「英語と留学」を意識した時の事から書くことにした。

わたしが16歳、高校一年生のとき、テスト勉強をことごとく嫌うわたしは、英語もほぼほぼ最下位あたりに近い状態だったが、特に罪悪感さえ感じていなかった。部活が楽しくて、なんとか単位を取れていれば、勉強以外にも楽しいことを見つける日々に満足していた。そんなある日、わたしは、高校の担任の熊谷先生に親を呼び出され、三者面談の最中にこう呟かれた。

「ほとんどの科目の成績は悪いが、なぜか英語の和訳だけはセンスを感じる」

この一言は、今でも鮮明に覚えている。この一言に一番驚いたのは母親だった。このその直後に、英会話ジオスのポスターに書かれていた「英語が話せると、10億人と話せる」というキャッチコピーが目にとまったわたしは、週に2度、英会話教室に通うことを決心したのだ。

猛勉強の末、その半年後、高校の夏休みをうまく利用して、その英会話教室が企画するアメリカへの短期語学研修に参加することを両親に許してもらい、生まれ初めて日本以外の空気を吸うことになった。帰国してからも猛勉強を続けると、英語に限って学年の上位ランキングに入るようになった。母親がまた一番驚いた。

熊谷先生の一言が、わたしにとっての英語と留学との出会いの切欠を作ってくれたのだ。切欠なんていつもこんな素朴で平凡な一言だったとする。大学受験勉強をはじめる頃、わたしは本気でアメリカへの正規留学を計画した。

後に分かったことだが、この時の400名在籍する同じ学年の生徒の中で、海外の4年制大学に留学し、最終的に卒業できたのは、わたし1人だけであった。この「留学生が寺子屋先生」というサイトを通して、わたしは自らの留学生活・留学人生を思い出しながら、その軌跡を辿ってみようと思う。毎週水曜日の投稿をぜひお楽しみに。

————————————————————————

未来の若者の為に寄付支援をしませんか? BLA教育基金へ
You want to make a contribution to future students? Visit BLA EDUCATION FUND

無料会員登録を行うと、新着記事がメールで届きます。
是非ご登録ください! 無料会員登録

寺子屋先生を随時募集しています。
経験談記事を書いて学生やご両親を支援しませんか? 詳細はこちら

留学生が寺子屋先生
このサイトは留学生が未来の留学生を支援するサイトです
URL: https://college-search.jp
Facebook: https://www.facebook.com/terakoyasensei/
Twitter: https://twitter.com/YhAv7g7IWvnzMq4

————————————————————————


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。