ネットがない時代のコンピューター どうやって購入?

ネットがない時代のコンピューター どうやって購入?

私が通った大学には、学生が利用できるコンピュータールームが複数ありました。

その時の時代の流れは、コンピューターと言えば、アップルコンピューターからウィンドウズへ移り変わっている時でした。住んでいたエリアが都会ではなく、その時コンピューターを買うといえば、真っ先に通信販売の本(今のようなネットではありません)だったことを覚えています。

当時20万前後のコンピューターを、通信販売雑誌を読み漁りながら、安くてスペック(性能)が良いものを探します。結果選んだのは、カリフォルニアにある会社で、そこからコンピューターを注文する事になりました。

私の韓国人の友人たちは皆コンピューターに詳しかった(韓国は現在もネット普及率が世界一位)ので、かわるがわる友人が出入りし、どのコンピューターにしようか話し合ったのを覚えています。

さて、いざ注文を完了し、楽しみに待つ日々。そして到着。初めてのPC接続です。

初めてで、販売元に何度も電話をしながら接続します。しかし全く正常に起動しません。高い買い物です。怒りを抑えつつ、何度も何度も電話し、対策をこうじますがダメです。

そして最後にお店から、パーツを送るので、それと入れ替えて欲しいと連絡がありました。

そして到着したのが、電源ユニットでした。
この電源ユニットを接続しなおすと、ついに正常起動したのです。
その時に見た、windows95(現在流通している主流のオペレーティングシステムはwindows10)のロゴは今でも忘れません。

ここが独学でPCを学んで行った原点で、当時は今より全然不具合問題が多発していましたので、その都度原因を考え解決策を探していきましたので、結果、PCには詳しくなりました。

後、当時は、アメリカで販売されていたのはあくまでも英語版で、日本人はなかなか容易に日本語版を手に入れることができませんでした。

そこで、大学4年生あたりになると、中古PCを安く譲り受け、windowsの日本語版を入れて販売などもやっていました。

これは全く学校の専攻とは異なる分野ですが、身を置く環境で全く新しい知識や経験を身に付けることを体験した良い例です。

現在の仕事に非常に役に立っている知識経験となっているのは言うまでもありません。

————————————————————————

無料会員登録を行うと、新着記事がメールで届きます。
是非ご登録ください! 無料会員登録

販売決定予約受付中! アメリカ厳選1000校 大学データ 2020版
「留学経験者が伝える、大学生活驚きいっぱい体験談書籍限定版」付 詳細はこちら

寺子屋先生を随時募集しています。
経験談記事を書いて学生やご両親を支援しませんか? 詳細はこちら

留学生が寺子屋先生
このサイトは留学生が未来の留学生を支援するサイトです
URL: http://college-search.jp
Facebook: https://www.facebook.com/terakoyasensei/
Twitter: https://twitter.com/YhAv7g7IWvnzMq4

————————————————————————


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。