交通事故衝突、カーチェイス、そして嵐の中の示談交渉

交通事故衝突、カーチェイス、そして嵐の中の示談交渉

皆さん。これから話すことは、嘘のような本当の話です。

あれはフライトトレーニングの為に空港に向かっていた時に起こった出来事です。
その時私は、3台目ホンダシビック号に乗っていました。
蛇のようなくねくねした山道を走っていたその時、事件は起こりました。

物凄いスピードを出した車が車線をはみ出し、私の車の左側のヘッドライトあたりへ突進してきたのです。
アメリカは右側車線を走りますので、左ハンドルの運転席の目の前に衝突してきた感じです。

一瞬何が起きたのかわからない状況だったのですが、気づいたときは、衝突してきた車は既に私の車の後方に。なんと、そのまま逃走しはじめたのです。
狭い道路でどうやってUターンしたのか記憶が曖昧ですが、とにかく山道のカーチェイス。
数分走って、相手も観念したのでしょうか。。車を止めたのです。

無意識に追いかけていた私。場所は山奥。人っ子一人いません。

運転席から人が降りてきます。

めちゃくちゃ背が高いアメリカ人が降りてきたのです。20代前半、同世代の若い男でした。

私は小さい日本人。。。でも怯むわけにはいきません。なめられたら終わりです。

私から、なんで逃げるんだ!どうしてくれるんだ!とまくしたてます。もちろん英語です。

今思うと、もし拳銃などを持っていたらアウトだったなと思ったりもします。。。

でもそんなことお構いなしです。

とは言え、二人きり。当時は携帯もまだ普及していません。

そんな時奇跡が起きます。

一台の車が通りかかったので、制止して止まってもらい、助けを求めました。すると驚く事に、その車には電話が付いていたのです!

電話が付いている車に出会うなんて、本当に奇跡でした。
運転手の方にすぐに警察に連絡を入れて貰うことができ、その場は助かったのです。連絡先を交換し、今後のやり取りを行って行く事で合意し、一旦別れる事になりました。

さて、後日加害者の父親から連絡が入りました。そして衝撃を受けます。実は事故を起こした本人、翌日に再び車の衝突事故を起こし、車は廃車になってしまったとの事でした。

しかも…保険に入っていなかった…と…。なので、修理代は満額払えるかわからない…。示談をお願いしたいとの事でした。

こちらも学生です。修理代払えないなんてありえません。ただ示談とか言いつつも、実際に会った時に何をされるかわかりません。そこで示談交渉を行う場所をこちらで指定しました。

場所は私がフライトトレーニングで使っていた空港の駐車場。見通しの良い広いスペースがある場所を選んだのです。併せて、空港には親しい学生仲間やフライトインストラクターの先輩たちもいます。そうです。示談交渉に一緒に同席してもらうようにお願いしたのでした。

いざ示談交渉の日がきました。

天気は雨が激しく吹きつける嵐。

相手は事故を起こした本人、彼の父親、母親の3名、一方でこちらは私と2名の大学4年生インストラクター計3名。
他の学生仲間達は、建物の中から窓越しにこちらを見つつ、何かあったら駆けつける準備をしています。

交渉が始まりました。
相手から、2度の立て続けに起こした事故により、また、保険も適用できないことにより、支払うことができるのは、今ここにある現金だけである、という話がありました。
そこで、この金額では修理は足りない可能性が高い・・という話を私がしたところ、ポケットに入っているくしゃくしゃになっている現金も全てだし、これで勘弁してほしい、許してほしいと懇願されたのです。

結果、その段階で、私は示談に応じました。

一歩間違えば大変なことになっていたかもしれないこの出来事は、無事に何事もなく解決に至ったのですが、今思うとよく20歳前後の時にこう言った行動を取れたなぁと思います。
怖いもの知らずというのでしょうか、若かったからなのでしょうか、今思うと貴重な貴重な経験談だなと本当に感じます。

 

————————————————————————

無料会員登録を行うと、新着記事がメールで届きます。
是非ご登録ください! 無料会員登録

寺子屋先生を随時募集しています。
経験談記事を書いて学生やご両親を支援しませんか? 詳細はこちら

留学生が寺子屋先生
このサイトは留学生が未来の留学生を支援するサイトです
URL: http://college-search.jp
Facebook: https://www.facebook.com/terakoyasensei/
Twitter: https://twitter.com/YhAv7g7IWvnzMq4

————————————————————————


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。