2年生時に訪れる論文試験

2年生時に訪れる論文試験

アメリカの大学は入るのは簡単だけど出るのは難しい…・
なんていう言葉は昔良く聞いたものです。

実は私が通っていた大学で、こういうシステムがありました。
それは、ある一定の単位数を履修すると、みんな論文の試験を受ける必要があり、その試験に通らないと継続して単位を履修できない…というものです。

私は論文書くことは非常に得意でしたので、問題なく一発でパスしましたが、苦しんでいた友人も多くいました。インターナショナルの学生は、この試験を受ける際に母国語と英語(日英)辞書の利用が認められていたのですが、とはいえ、アメリカ人と同等に採点される論文の試験です。

この試験をクリアしないと、単位の履修ができないために、継続して授業を受けることができず、結果これによって、苦しんでいた学生を複数みたのは覚えています。なかには帰国した人もいました。

これこそが、楽して大学生活を送れない、あるべき姿なのかなと感じたりしたのでした。

————————————————————————

無料会員登録を行うと、新着記事がメールで届きます。
是非ご登録ください! 無料会員登録

販売決定予約受付中! アメリカ厳選1000校 大学データ 2020版
「留学経験者が伝える、大学生活驚きいっぱい体験談書籍限定版」付 詳細はこちら

寺子屋先生を随時募集しています。
経験談記事を書いて学生やご両親を支援しませんか? 詳細はこちら

留学生が寺子屋先生
このサイトは留学生が未来の留学生を支援するサイトです
URL: http://college-search.jp
Facebook: https://www.facebook.com/terakoyasensei/
Twitter: https://twitter.com/YhAv7g7IWvnzMq4

————————————————————————


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。