ホームステイなのに大事件勃発!? -前編

ホームステイなのに大事件勃発!? -前編

私がイギリスに留学した時、最初に入ったのがサマースクールでした。

このサマースクールは、入学のタイミングが決まっているようなものではなく、各国から日々新しい生徒がやってきて、日々自国に帰っていくというものでした。サマースクールの終わりが近づくと、当然ながら大勢で賑わっていた校内ががらんと寂しくなります。

 

あのハリッポッターの映画に出てくるような、生徒が大勢食事をとっているような、大きな昔ながらの建物に、ポツンと取り残される。。みたいな感じです。なんとも言えない寂しさを思い出します。

 

私がなぜ最後まで残っていたかと言うと、サマースクールだけでなく、本学期も通う予定だったからになります。当然学期が始まるまでの間は寮が閉まってしまう関係上、私はホームステイ先を紹介され、1週間そこに寝泊まりすることに。

 

私がお世話になったのは、イギリス人の旦那さん、スペイン人の奥さんの2人が住むお家。恐らく50歳台のご夫婦だったと思います。
お父さんは仕事に出るので、家に残るのはスペイン人のお母さん。

 

このお母さんがこれまた物凄く喋る方で、一度話し出したら止まらない方でした。凄く親切な方だったんです。ただ当時16歳の私はまだまだ若く、一人の時間が欲しい気持ちが勝り部屋にこもりがちになってしまいます。

 

そんな時に事件が起こります。

 

ここのお母さん、実はベビーシッターをやっていました。
私はお母さんに、天気が良いのだから、部屋で読書するのではなく、庭で読書したら?と声をかけられます。
言われるがままに庭に出るのですが、庭にはなんと蜂がブンブン飛んでいます。

 

これは危険だと与えられた個室に戻ろうとすると、お母さんが、入らないで!!と叫びます。
何かと思ったら、部屋の中に赤ちゃんが寝ている状況だったのです。

 

私は凄く一人静かに過ごしたかったのですが、結果居場所までなくなってしまった訳でした。
この状況に、当時の私は我慢できなくなり、そのまま家を飛び出してしまいます。

 

イギリスのどこにいるのかも良くわかっていない私・・・。
ただそんなことは関係ありませんでした。
異国の地でひたすら田舎道を歩きました。
どれくらい歩いたのかも記憶にありません。

 

向かう場所もなく、ひたすら歩いていると、そこに偶然にも電話ボックスが・・。
引き寄せられるがままに、電話ボックスに入り、コレクトコールで日本の実家に電話をしたのでした。

 

今考えても、よく日本に電話できたなと、我ながら感心してしまいます。。

 

ここでかけたコレクトコールから、大勢を巻き込む事件が勃発するのです。。

 

続く。。

————————————————————————

無料会員登録を行うと、新着記事がメールで届きます。
是非ご登録ください! 無料会員登録

販売決定予約受付中! アメリカ厳選1000校 大学データ 2020版
「留学経験者が伝える、大学生活驚きいっぱい体験談書籍限定版」付 詳細はこちら

寺子屋先生を随時募集しています。
経験談記事を書いて学生やご両親を支援しませんか? 詳細はこちら

留学生が寺子屋先生
このサイトは留学生が未来の留学生を支援するサイトです
URL: http://college-search.jp
Facebook: https://www.facebook.com/terakoyasensei/
Twitter: https://twitter.com/YhAv7g7IWvnzMq4

————————————————————————


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。