二台目 ホンダアコード

二台目 ホンダアコード

車が燃える事件。。。

あれは本当に現実だったのだろうか…と思うような経験でした。

まだ読んでいない方はこちら

この出来事を教訓に、次はより整備がしっかりしている車を探し出すことになります。

最初に買ったセリカは小さい車屋で買ったのですが、2台目のアコードはレキシントンという隣の市で、かなり大きいディーラーで見つけました。

というのも、実はこのディーラーに複数回足を運び、ここのトップセールスマンと親しくなることができたのです。このトップセールスマンは、私と同じ海外から移り住んできた外国人で、縁があってかこのトップセールスマンと仲良くなれたのでした。

そんなトップセールスマンが見つけてきてくれたのが、92年式のアコードです。ホンダ車で、綺麗な車でした。しかし走行距離がすでに15万kmは走っていました。

この車の良かったのはワンオーナーであったこと。

アメリカはほんとに車社会です。日本的感覚では10万kmを超えると買い換えですが、日本のように走って止まってを繰り返すのではなく、一回の走る距離が長いのがアメリカであり、根拠はないが、車にかける負担はより小さいのかもしれないです。なのでワンオーナー車であったので購入を決めた記憶があります。

ちなみに金額は90万程度でした。やはり日本と比較すると、中古車は高い…。

親となんども金額の件で相談したのも覚えています。

親の理解を得ることができ、本当に感謝すべきことでこの車を購入することができ、車も物凄く快適で、全く問題はなかったのです。。

車にあまり詳しくない場合は、アフターケアがしっかりしているディーラーで探してみるのが大事だと思います。

車には全く問題なかったのですが、実はなんとこの車を短期間で手放す事になります。。

なにが起こったのか…。

次に続く…。

 

————————————————————————

無料会員登録を行うと、新着記事がメールで届きます。
是非ご登録ください! 無料会員登録

販売決定予約受付中! アメリカ厳選1000校 大学データ 2020版
「留学経験者が伝える、大学生活驚きいっぱい体験談書籍限定版」付 詳細はこちら

寺子屋先生を随時募集しています。
経験談記事を書いて学生やご両親を支援しませんか? 詳細はこちら

留学生が寺子屋先生
このサイトは留学生が未来の留学生を支援するサイトです
URL: http://college-search.jp
Facebook: https://www.facebook.com/terakoyasensei/
Twitter: https://twitter.com/YhAv7g7IWvnzMq4

————————————————————————


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。