生活に慣れていく

生活に慣れていく

アメリカに来て、2ヶ月以上経ちました。

アメリカって、自分の部屋に入るときもどこでも、靴を脱がないですよね。ここに来てから気にもとめずに普通に生活していましたが、床とか本当に汚れるんです。間違って、食べ物とか床に落としたら、3秒ルールも全く効かないようなそんな感じなんです。

掃除したいと思っても、寮の受付で借りられるのは掃除機ではなくてほうきのみ。これじゃあ、綺麗にならないじゃんって初めの方は思ってました。掃除しても何か足りない気がしていました。

ルームメイトが部屋に来て、さらに驚いたのは、靴を脱がない文化とはいえ、ベットの上は絶対に靴を脱いで汚さないようにすると思ってたのに、彼女は部屋に帰ると、疲れたーって外を歩いてきたそのままの靴でベットに飛び乗ります。

そして、ベットの上で食事をしている時もあるし、床に寝転がる時もあるし、洗濯してきた布団を床に置いてベッドメイキングしている時もあるし、窓に水滴がついて外が見えないとき自分のパジャマの袖で拭いて外を覗くこともあります。

シャワーの水も冷たかったり、食品の賞味期限は長すぎて逆に心配になったり(卵の賞味期限は、1ヶ月以上)、寮の同じ階の人全員で共有のキッチンにいけば、必ずや遭遇するゴキブリにうんざりする時もあります。

日本と比べたら、衛生的に悪い環境かもしれないって思うときもあります。

ここにきたばかりの時、海外らしいキツイ匂いがそこら中に漂ってて嫌だなって思っていました。

でも、2ヶ月経つと、もう匂いは感じないし、部屋の汚れも気になりません。日本にいたとき、毎日掃除機をかけないと気が済まなかったのに今はなんかほこりたまった気がしたときにほうきではけば十分満足です。

食品は、肉の賞味期限が2週間以上あったりして、最初は不安でしたが、シャトルバスが週末のみ出ている関係上、1週間に一度しかスーパーに行けないので、期限が長くてありがたいと思います。実際食べても味に変わりもありませんでした。

こうやってだんだん慣れていくんですね。

ここに来たばかりのとき同じクラスだった韓国人と、今日久しぶりに会い、お昼休みにずっと一緒に話していました。でも今考えると、前話した時は、私がほぼ英語が理解できなくて、言葉も出てこなくて全然話せなかったのに少し変わったって思いました。

ただ、アメリカ人と話す場合は全然違います。やっぱりとにかく話すのが早い。ELSにいれば、先生たちはゆっくり話していますし、生徒同士、英語が母国語ではないので理解しやすいです。なので、大学に入る前にたくさんリスニングをしたいと思います。

————————————————————————

無料会員登録を行うと、新着記事がメールで届きます。
是非ご登録ください! 無料会員登録

販売決定予約受付中! アメリカ厳選1000校 大学データ 2020版
「留学経験者が伝える、大学生活驚きいっぱい体験談書籍限定版」付 詳細はこちら

寺子屋先生を随時募集しています。
経験談記事を書いて学生やご両親を支援しませんか? 詳細はこちら

留学生が寺子屋先生
このサイトは留学生が未来の留学生を支援するサイトです
URL: http://college-search.jp
Facebook: https://www.facebook.com/terakoyasensei/
Twitter: https://twitter.com/YhAv7g7IWvnzMq4

————————————————————————


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。