米国大学入学までの流れ

米国大学入学までの流れ

米国大学に留学する・・と言う言葉は色んな意味で使われます。その中で、よく使われるのが、語学学校に通う、大学に入学し卒業する、の2つになります。語学学校に通い、英語力を身につけ帰国する人。また実際に2年生大学、4年生大学を卒業する人。私は後者なので、ここでは実際に大学を卒業することを前提で話をして行こうと思います。

 

通常日本で大学に入学する際は試験を受けます。米国大学に入学する際も同様なのですが、実は留学生が入学する基準として、多くの大学がTOEFLスコアを採用しています。

TOEFLと言う言葉を聞いたことはありますでしょうか?

 

TOEFL テストは、世界で最も広く受け入れられている英語能力試験で、オーストラリアやカナダ、英国、米国を含め 130 か国 10,000 以上の大学や機関に認められています。https://www.ets.org/jp/toeflより

 

大学に応じてTOEFLの入学基準スコアは異なってくるのです。

例えば、全米ランキングトップ10に入るコロンビア大学はTOEFLスコアで100点必要となります。一方でTOEFLスコアが30点台でも入学できる大学もあり、様々です。このサイトでは、TOEFLスコアが何点でどの大学に入れるのか、といった情報も提供する予定です。ちなみにTOEFLスコアが基準点に満たなくても入学できる方法もあるのです。

 

TOEFLスコアが何点でどの大学に入れるのか、といった情報は今後サイトで提供していく予定ですが、今日はTOEFLスコアが基準点に満たなくても入学できる方法を書いてみたいと思います。

 

TOEFLスコアが基準点に満たなくても入学できる方法と言うのは、”ESL”と言う、英語を第二言語としている学生向けの語学学校(プログラム)に入り、ESLを卒業する、と言う方法になります。

米国にはこのESLプログラムを持つ大学が沢山あるのです。

その数は1000校以上です。

ちなみに私はTOEFLスコアで入学する手段と、ESLに入って大学入学資格を得る方法の2つを同時に目指していました。

米国で知り合った学生の中には、TOEFLスコアをクリアして一発で入学してきた学生もいれば、英語も全く話せないでESLプログラムに入学し、ESLを卒業し大学入学までに1年程かかっていた学生もいました。

こんな話をすると、ではどの大学にESLプログラムがあるのか。。と言う疑問が湧いてくるのですが、この情報も今後本サイトで提供して行こうと思っています。

————————————————————————

無料会員登録を行うと、新着記事がメールで届きます。
是非ご登録ください! 無料会員登録

寺子屋先生を随時募集しています。
経験談記事を書いて学生やご両親を支援しませんか? 詳細はこちら

留学生が寺子屋先生
このサイトは留学生が未来の留学生を支援するサイトです
URL: http://college-search.jp
Facebook: https://www.facebook.com/terakoyasensei/
Twitter: https://twitter.com/YhAv7g7IWvnzMq4

————————————————————————


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。